miwakos blog

フリーランスで働くヘアースタイリストのブログです

シャンプーの仕方を真剣に考えてみた 2018編

 

f:id:obrihair:20161123202646p:plain

シャンプーの仕方を本気で考えてみた〜タモリ式入浴と花王のCMからわかったこと〜

 

こんにちは! ウラスギミワコです。

 

 

皆さんは毎日何回お風呂に入ってシャンプーしますか?

朝派ですか?夜派ですか?

 

職業柄、私も当たり前のように毎日夜にシャンプーする派です。

 

では製品はどんなものを使っていますか?

今では数え切れないほどのシャンプー、トリートメントが売っていますね。

何百円単位で買えるものから1本何万円もするものまで。

ところが自分に合っているものを見つけるのはなかなか至難の技だったりします。

私のお店にももちろんおすすめしているヘアケア商品はありますが、

これも意見は千差万別。

 

実は私もそんなヘアケアジプシーでした。

皆様のヘアを良い状態に保ちたいのはヘアサロンの共通の願い、

対極にある極端な考え方を知ることで何か発見できるかもしれない....

 

 

思い立って最近何かと話題になっているタモリ式入浴』、興味本位で調べてみました。

 

これはある意味究極の形ですが、 

実際にやってみて感じたことをまとめてみます。

ちょっとでも参考になればと思います!

 

 

 

 

f:id:obrihair:20160830232957p:plain

 

 

 

タモリさんの髪が綺麗なわけ』

 

お昼の顔というと私の中でこのお方でした。

f:id:obrihair:20161115111053j:plainmages.jpeg

 

 

(もしかして被っているんじゃないか、、、(失礼)と思うくらい)煌々と照りつけている髪の毛に釘付けでした。

あの艶っぽい髪をキープする秘訣。。。

実は、その秘訣はタモリ式入浴法にあるらしいんですが...

シャンプーも石鹸も使わずお湯に10分以上浸かるだけ

という習慣らしいです。

頭皮はお湯でしっかりすすぐのみ。以上!押忍!

 

そう湯シャン。

 

始め知った時、美容師の私からすると『え、何事!?』って感じでとっても否定的でした。

 

めんどくさがりやん、タモさん。。みたいな。

 

 

でも調べていくうちにおぉ!という、いいことワードが出てきました。

 

湯シャンをすると....

1  続けるうちに髪本来の強さを取り戻しボリュームが出る

 

2 頭皮環境が整って乾燥もせず、また余分な油分も抑えられる(特に乾燥肌におすすめ)

 

3 髪の毛に艶が出てくる

 

4 薄毛、抜け毛の予防になる

( 頭皮の状態が良い→常在菌を洗い流さない状態 )

 

いいことづくし!らしいがまだ半信半疑。

 

 

そこで

 

 

 

NO Shampoo! NO LIFE!!

この概念を自分の中で覆すべく

まずは1ヶ月やってみました!!習うより慣れろ。

 

私の頭皮の経過と変化をかいていきます。 

 

 

f:id:obrihair:20160830232957p:plain

 

 

 

タモリ式入浴法日記』

f:id:obrihair:20161115110046j:plainUnknown.jpeg

 

《初日》

洗い方はやはり職業柄、慣れているのですが洗い上がりの感覚は少し物足りない感じ。

 

そして習慣って怖いですよね。

無意識で危うくシャンプーのボトルのポンプを押しそうに、、、

危機一髪で手を離しお湯のみでもみ洗い。

 

その後のドライヤーでは何もつけずに乾かすのでいつもよりごわついてショートヘアーだけど時間かかりました。

うーん、なんとも言えない不快指数50くらい。

 

 

《2日目》

女性ならわかるかもしれませんが、なんでも2日目って辛いですよね。。

わたし的には人生で初めて強烈な痒みに見舞われました。

シャワーの洗いでは物足りなくて湯船に頭突っ込んでゴシゴシしてしまいました。

 

 

スケキヨ状態。。。

 

f:id:obrihair:20161115105441j:plain

 

不快指数89位と言っておきましょうか。

もごもごしながら就寝

 

 

《3日目》

昨日よりも今日、今日よりも明日。

痒さと、目の前にあるシャンプー剤に手がかかるかからないの戦いが勃発。

毎日お客様にもシャンプーしているので自分にもしたーいとなってました。

 

でも経験がある方にはわかると思いますが、断食(ファスティング)と同じで2、3日の山場を超えると楽になるので、耐え忍ぶを選択したいと思いました。

 

まだ頭皮はつっぱりますが、乾かしているときの髪のきしみとごわつきが減ったように思います。

一筋の光見えてき、、、、まだはやい

本日不快指数75くらいでしょうか。

 

 

 

《1週間経過》

7日も経てば飽き性の私も慣れてきました。

むしろ、浴槽にお湯をはる時間を差し引いてもかなりの時短と、手間が省かれだんだん楽しくなってきたのと同時に、頭皮の痒みがなくなってきました。

逆に頭皮が潤ってきた気がします。

心配だった頭皮の匂いの方も季節がちょうど寒くなり始めた頃から始めたのであまり気になりませんでした(ほっ。)

 

(不快指数は?)

 

《2週間経過》

この頃から頭皮の状態がすこぶる良くなりだします。

どうなったかというと、

頭皮のつっぱりがなくなってきた。

季節の変わり目には必ずと言っていいほど普段の倍以上、抜けていた髪の毛があまり抜けなくなってきた。

油分の多い整髪料をつけなくても髪の潤いが蘇ってきた

 

(不快指数は?) 

《3週間経過》

もうすっかりタモさん気分になってきました。

2周目とはそんなに大差はないですが、

根本からよくしたいと思い、普段の食事も野菜を多めに摂るなど内側からのアプローチを加え始めたので今後も期待大!

 

(不快指数は?) 

《1ヶ月後》

いつも定期的に来てくださるお客様に「髪の毛カラーしているのに健康的でツルツルね!」と言われる。

確かに手触りが以前よりも自然に滑らかになっている。

 

(不快指数は?) 

1  続けるうちに髪本来の強さを取り戻しボリュームが出る

 

2 頭皮環境が整って乾燥もせず、また余分な油分も抑えられる(特に乾燥肌におすすめ)

 

3 髪の毛に艶が出てくる

 

4 薄毛、抜け毛の予防になる

 

は少しずつですが近づいて来ています。

これから続けようと思います。

 

 

f:id:obrihair:20160830232957p:plain

 

しかしながら

 

時に匂いのつく焼肉とかを食べた時はどうするの!??

 

 

するとこんなキャッチフレーズを見つけました。

 

f:id:obrihair:20161116193106j:plain    f:id:obrihair:20161116193115j:plain

 

 

えっ!!?

シャンプーは5日に一度!????

 

・・・・・・。

 

 

これは

1959年(昭和34)に花王が発売したシャンプーのキャッチコピーです。

「5日に1度はシャンプーを」

57年前はこんな感じだったんですね。

 

実際、今も昔も変わらないことは頭皮の汚れはお湯でしっかりすすぐことで落とし切れる。ということ。

またあまりシャンプー剤で洗いすぎると本当は必要な皮脂までも取り除いてしまうみたいです。

 

 

ということで、よほど気になった日には少量のシャンプーを泡立てて使おうと思います。

 

 

 

 

つまりこの二つからまとめると、

冬は、

湯シャン時々シャンプー 

 

をする、です。

 

・普段はタモリ式を採用。

・特別に気になった日には自分の気に入ったヘアーケア剤を使う。

・基本はしっかりお湯で頭皮を揉みながら流す。

 

 

ケミカルとナチュラルが混在する今だからできる取り入れ方。

是非一度お試しください。

 

体と心が自然に喜ぶ選択をこれからはしていきたいですね。

シャンプーの仕方などお困りの方は是非、施術中にお尋ねくださいね!

 

お読みいただきありがとうございます!

 

記事はつづく、、、。

 

 

 

*これは個人的な経験を基にした記事です。

f:id:obrihair:20161011161003j:plain

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関してはポリシーと規約をご覧ください。